2018/07/26
 ブラウザのアドレス表示バーの左側にある鍵マークのことはご存知の方も多いと思います。ブラウザによっては「保護された通信」と文字も表示され、アドレスの始まりが「https://」となっています。サーバーとの通信はSSL(Secure Socket Layer)で接続し暗号化されるので安全性が高いということです。ショッピングサイトやお問い合わせなど入力して送信する場合は重要なことです。暗号化されていないアドレス(http://で始まる)の場合は「i」のマークをクリックすると「保護されていません」とか「安全ではありません」というメッセージが表示されます。  Google Chromeはセキュリティー強化を図るために2018年7月24日にリリースされた「Chrome 68」から「http」で始まるページに「i」マークと「保護されていません」との警告文字が常時表示されるようになりました。「http」が危険ということではなくSSL対応した「https」の方がより安心して利用できるということですが、「保護されていません」と表示されるとびっくりしてしまいます。  これからは常時SSL対応のサイトが増えていくことでしょうが、SSL接続が絶対に安全とは限りません。個人情報は自分で守る意識だけは忘れないようにしたいものです。